グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. おすすめコラム一覧 >
  3. 美味, 道の駅

美味 道の駅 道の駅グルメ

  • 関連画像1

ドライブの休憩所としてだけではなく、ご当地グルメや名産品もそろっている「道の駅」は、今や見逃せない観光スポットに。
南房総市には8つもの「道の駅」があり、これは岐阜県高山市と並び国内最多。
ほかでは食べることのできない、自慢のご当地グルメをご賞味あれ!

富楽里とみやま

  • 関連画像2

お宝ハンバーグ弁当 ¥1,000

有料道路と一般道路のどちらからでも利用できる「道の駅 富楽里とみやま」で好評なのが、土・日曜限定10 食の「お宝ハンバーグ弁当」(平日は要予約)。毎年夏に行われる「南房総食材を使った子ども料理コンテスト」入賞作品の詰め合わせで、なすのミルフィーユ バーグやれんコーンハンバーグなど、7個のハンバーグが入っています。ほかに「ひまわりハンバーグ弁当(土・日曜限定10食)」や「さんがあなごにぎ り」、「あなご天丼」なども人気です。
提供施設名/青倉商店 ■営業時間/7:30~18:00(2F) ■定休日/不定休

とみうら・枇杷倶楽部

  • 関連画像3

びわカレー ¥870

1993 年に千葉県初の道の駅としてオープンし、2000 年には「全国道の駅グランプリ」で最優秀賞を受賞した「道の駅 とみうら 枇杷倶楽部」。「びわパフェ」や「びわ葉トースト」、「びわカレーパスタ」など、特産の房州びわを使った多彩なメニューが楽しめますが、なかでも一番人気が「びわカレー」。自家製びわピューレを中辛のカレールーに隠し味として入れてあるので、まろやかでふくよかな味わいに。辛いのが苦手な子どもにもお勧めです。
提供施設名/カフェレストラン ■営業時間/10:00~18:00 ■定休日/不定休

三芳村 鄙の里

  • 関連画像4

カントリーマム特製薬膳 ¥2,700

のどかな田園風景が広がる「道の駅 三芳村 鄙の里」には、足湯やみるく工房があり、一年中、農業収穫体験ができます。ここで味わえるのは、薬膳専門家の指導の下、身体のことを考えながら、おいしさにもこだわった「カントリーマム特製薬膳」です。食前茶からはじまり、スープ、ご飯、メイン、副菜2 品のほか、デザートなども付いていて、旬の野菜と生薬を使いながら、季節に合った食養生を提案。本格薬膳料理を道の駅で存分に堪能できます。
提供施設名/カントリーマム ■営業時間/9:00~17:00 ■定休日/年中無休

ちくら・潮風王国

  • 関連画像5

サザエコロッケ ¥250

ドッグランもできる広さ約7000m2の芝生広場、30tクラスの漁船のレプリカ、岩礁が広がる千田海岸など遊び場いっぱいの「道の駅 ちくら潮風王国」のご当地グルメは、「サザエコロッケ」です。土・日曜、祝日のみ営業の「しおかぜコロッケハウス」で販売していて、地元千倉産のサザエがたっぷり入っています。洋酒でサザエの臭みを取っているので食べやすく、コリコリ食感のコロッケは、1日に多いときで600個以上を売り上げる人気商品です。
提供施設名/しおかぜコロッケハウス ■営業時間/9:00~16:00 ■定休日/土・日・祝日のみ営業

和田浦 WA・O!

  • 関連画像6

和田浜特製くじら丼 ¥1,650

関東で唯一、沿岸捕鯨基地のある和田浦港近くの「道の駅 和田浦 WA・O !」。屋外には全長約26mのシロナガスクジラの全身骨格標本が展示され、その大きさに圧倒されます。ここでは、珍しい鯨料理が食べられます。希少な鯨の刺身をはじめ、竜田揚げやカツを丼に豪快に盛り付けた「和田浜特製くじら丼」は、和田浦の鯨の魅力を詰め込んだいち押しメニューです。ほかにも「くじら食べ比べ定食」や「くじらカツカレー」など鯨メニューは多数。
提供施設名/わだい処「和田浜」 ■営業時間/10:00~18:00(10月~6月)10:00~19:00(7月~9月) ■定休日/不定休

2015/06/30 観光プロモーション課

「美味」コラム一覧

「道の駅」コラム一覧

タグ一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力