グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. おすすめコラム一覧 >
  3. ハイキング

ハイキング ゆったり満喫!南房総ハイキング

  • 関連画像1
    富山山頂からの眺め

南房総エリアは、山の少ない千葉県にあって、緑広がる丘陵地帯を持つ地域です。青い海と深い緑の山々、その自然景観や風情を堪能するには、季節の風を感じながら「歩く」こと。

温暖な南房総は、一足早い春が訪れます。1月、2月から菜の花やポピーなどが露地花に咲き乱れ、そんな「花風景」を巡る楽しいハイキングができます。
新緑の季節には、山々の美しい景観がお出迎え。300メートル級の富士、伊予ケ岳、御殿山など、頂上から見える抜群の眺望と爽やかな風が嬉しい初夏の頃です。

山歩きといえば、紅葉の季節。遅い紅葉を迎える南房総の山から見る紅い景色と青い海の景色は、まさにここだけのもの。

江戸時代の戯作者・曲亭(滝沢)馬琴の名作「南総里見八犬伝」の舞台となった南房総は、戦国時代の武将・里見氏の歴史の跡とあわせて、ロマンが香るスポットも数多く歴史巡りも楽しみ方の一つです。
のんびり、ゆったり、あなただけの「南房総を歩く旅」をぜひ発見してください。

【とみさん伏姫ハイキングコース】

  • 関連画像2
    富山山頂からの眺め

里見八犬見伝のふるさと「富山(とみさん)」を巡るコースの入り口には、風情たっぷりの山門が迎え、八犬伝の舞台となった伏姫籠穴が静かに佇んでいます。富山の頂上からは、眼下に東京湾が広がり、天気が良い日は富士山が鮮明に。初心者でも楽しい山歩きを散策コースです。

◆ルート
JR岩井駅(0.5km、6分)→大蘇鉄(0.4km、5分)→福聚院(2.5km、30分)→伏姫籠穴(登山、45分)→富山山頂(下山、60分)→JR岩井駅

【伊予ケ岳ハイキングコース】

  • 関連画像3
    いかにも山らしい山の形をしている伊予ケ岳

千葉県内、房総丘陵では唯一山名に「岳」がつく伊予ケ岳。峻立した岩峰が頂上付近にそびえます。標高336メートルの山のハイク整備された山の途中に、ロープや鎖をつたって歩くポイントもあり、「山登り」気分満点。山頂には、ベンチとテーブルが設置してあり、360度の大パノラマが広がっています。

◆ルート
JR岩井駅(0.5km、6分)→大蘇鉄(0.4km、5分)→福聚院(2.5km、30分)→伏姫籠穴(登山、45分)→富山山頂(下山、60分)→JR岩井駅

【とみうら遊楽散歩道】

  • 関連画像4
    大房岬第二展望台からの眺め

枇杷の産地・富浦の海と岬、花畑を巡るハイキングコース。波静かな海岸線を通りながら、歴史と自然のワンダーランド自然公園の大房岬へ。街歩きと自然景観を楽しめる誰でもすぐに出発できる手軽なコースです。

◆ルート
JR富浦駅(1.2km、15分)→逢島(1.6km、20分)→富浦漁港(1.8km、22分)→大房岬(3.4km、42分)→枇杷倶楽部(1.0km、12分)→JR富浦駅

【三芳・森林遊歩道コース】

  • 関連画像5
    滝田城址

江戸時代の長編小説「南総里見八犬伝」の物語が始まるのが滝田城。実際にあった城跡を巡り、物語のロマンを感じることができます。農村の林道ハイキングや、農業・防火用水など地域活動の場として活用されてきた堰周辺の遊歩道を散策し、歴史と自然を満喫できるコースです。

◆ルート
・滝田城址コース 1周3.5km
・林道のハイキングコース 1周8.0km
・ゆうゆうの里コース 1周3.0km

【御殿山・大日山ハイキングコース】

  • 関連画像6
    御殿山山頂より東京湾を望む

バリエーションに富んだルートが楽しいコース。大日山は、増間の7つの滝をはじめ、滝が数多くあり、一足のばせば沢山不動滝などにも出逢えるコースです。御殿山は、山々の季節の花が美しく咲く山歩きコースです。御殿山から大日山へ、大日山から御殿山へ・・・、など、ここだけでルートが選べて、楽しみが広がるいずれも眺望抜群のコースです。

◆ルート
・山田ルート<県道からおよそ50分>
富山地区方面・県道鴨川富山線から御殿山へ。一本道で御殿山へ。

・塩井戸ルート<案内板からおよそ90分>
国道410号線から「小野次郎右衛門生誕の地公園」を左手に、その先から御殿山へ向かいます。途中、川の中の岩を渡る場所も。冒険心あふれるコースです。

・畑ルート<駐車場からおよそ70分>
県道から畑ルートとして、大日山の北側へ結ばれた道を行きます。そこから御殿山頂上へ。

【花嫁街道ハイキングコース】

  • 関連画像7
    花嫁街道入口

かつて、花嫁行列がここを通って嫁いでいったことから名付けられた花嫁街道ハイキングコース。山頂の烏場山からの眺望は人気があり、房総の里山や天気が良ければ伊豆大島・富士山も見られます。そのほかにも、経文石、黒滝・抱湖園などの名所が数多くあります。

◆ルート
JR和田浦駅(2.4km、40分)→花嫁街道入口(1.9km、50分)→経文石(2.7km、60分)→烏場山(3.5km、75分)→黒滝(3.0km、45分)→JR和田浦駅

【千倉里山遊歩道コース】

  • 関連画像8
    白間津花のパーキング

花と海と里山が存分に楽しめるコース。全国的にも有名な白間津・大川地区のお花畑では、1月から3月まで色とりどりの花が咲き乱れます。また、広大な太平洋を望む、表情豊かな海岸線の漁村風景は懐かしさを感じさせます。そんな漁村の街並みを通り抜け、房総の山並みを散策。「高塚不動尊奥の院」がある高塚山(標高216m)の山頂を目指す道のりもあります。

◆ルート
・露地花の里コース 4.1km
白間津花のパーキング→観音堂→七浦小学校付近→道の駅ちくら潮風王国

・照葉樹の森コース 4.2km
魚っちんぐ千倉・平磯漁港→観養院→高塚山→高塚不動尊(周遊コース)

・汐の香コース 4.9km
忽戸漁港→平磯漁港→七浦漁港→大川漁港→お花畑(海岸線コース)

【白浜民話のみち散策コース】

  • 関連画像9
    里見義実像

房総半島最南端の白浜地区に残る伝説や歴史に触れるハイキングコース。全長3.6kmあまりのコースには、弘法大師が立ち寄った井戸や安房の戦国大名・里見氏の墓のある杖珠院など、由緒あふれる寺社仏閣を巡るコースです。小高い丘から海が見える散策の道のりは、おだやかな気持ちになれるのんびり、ゆったりハイクにぴったりです。

◆ルート
JRバス安房白浜駅(0.8km、10分)→太子堂(0.2km、2分)→芋井戸(0.3km、3分)→福寿院(1.2km、15分)→杖珠院(1.1km、13分)→JRバス安房白浜駅

2016/10/24 観光プロモーション課

「ハイキング」コラム一覧

タグ一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力