ホーム

南房総ってどんなとこ?

東京圏から1時間ちょっとでいける自然の宝庫。

東京圏から1時間ちょっとでいける自然の宝庫。

南房総市は、安房郡富浦町、富山町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町、和田町の6町1村が平成18年3月20日 に合併し誕生した新しい市です。

房総半島の南端に位置し、北側には県下最高峰の愛宕山(408m)をはじめ、南総里見八犬伝の舞台となった 富山(349m)など300m以上の山が連なっています。

また、首都東京から100km圏に位置し、約95分、千葉市までは約70分の時間距離にあります。平成9年に開 通した東京湾アクアライン、平成16年に開通した一般国道127号富津館山道路に続き、東関東自動車道館山 線が平成19年7月4日に全面開通し、東京圏からのアクセスも格段によくなっています。

温暖な気候は、黒潮と親潮の海流が。

温暖な気候は、黒潮と親潮の海流が。

沖合を流れる暖流の影響により、冬は暖かく夏は涼しい海洋性の温暖な気候で、海岸沿いのエリアは無霜地域で、1月になると露地花が咲き始めます。豊かな自然と、古代から近代に至る遺跡や社寺などの歴史的名所も数多く残されています。

食の宝庫、南房総。

食の宝庫、南房総。

海の幸、山の幸、とれたて新鮮が南房総の食の源。さんが焼きやなめろうなど郷土料理も合宿の楽しみにいかがでしょう。旬の海産物はもちろん、宿自慢のお手製、オリジナル料理にも出会えるのは、観光地ならでは。

自然のフィールドが、スポーツ環境にぴったり。

自然のフィールドが、スポーツ環境にぴったり。

  • 海に、山に。だから、南房総で。
    東京湾と太平洋に囲まれた南房総。サーフィンをはじめとするマリンスポーツを海で、また、サイクリングやマラソン、ハイキングなど山のコースをふんだんに楽しめる競技ができる「そのままの自然」が東京からすぐ近くにある。だから、南房総市が「スポーツ合宿」のまちなのです。
  • 学校体育施設も利用できる利便性。
    近くの町が合併してできた南房総市。管内には19の小中学校があり、体育館やグランドを利用することができます。もちろん千倉総合運動公園など総合運動施設とあわせて様々なスポーツに対応する多彩な屋内外の施設をご用意しています。
  • 観光地として、充実の宿が。
    夏は海、春は花、観光地として年間1000万人近くが訪れる南房総。そんなたくさんの訪問客を、150軒以上のホテル・旅館、民宿がお出迎え。観光の方々を満足させるお食事はもちろん、施設サービスなど「おもてなしの心」はスポーツ合宿でおいでになられた方にもゼッタイの満足を。
Copyright © 2013 南房総市