稲作のはじまり
条里
棚田
南房総各地の花栽培
びわ・いちごの生産
嶺岡の牧と酪農の発祥
資料提供:
千葉県立
安房博物館
農業史
棚田
棚田

 「大山千枚田」を代表とする南房総の棚田は、すばらしい景観を見せてくれます。 しかし、この景観は、自然にできあがったものではなく歴史的な必然性の下で先人たちが、 つくりあげた人工的な景観です。
 棚田が形成された歴史的な経緯は、あまりよくわかっていません。 平野部ではなく、水田として適さないと思われる斜面地までも水田を造成しなければ ならなくなった社会的背景とは何だったのでしょうか。
 大山千枚田についてもいつ頃できたものなのか、よくわかりませんが、 おそらく江戸時代につくられたものだと推定されています。 人口増加による食糧の増産や年貢の増大に対処するための耕地の拡大が考えられますが、 これからの調査・研究が期待されるところです。
棚田
大山千枚田

前へ 次へ