グローバルメニュー

南房総の魅力

  1. トップ >
  2. ニュース一覧 >
  3. 南房総スポーツニュース一覧 >
南房総スポーツニュース RSS  提供RSS一覧
2017年8月29日
 小学生日本一は誰の手に
総勢149名の小学生が海や砂浜での熱い戦いを繰り広げた(岩井海岸にて)
総勢149名の小学生が海や砂浜での熱い戦いを繰り広げた(岩井海岸にて)
クリックでファイルを開く
総合成績結果
クリックでファイルを開く
個人種目結果
クリックでファイルを開く
チーム種目結果

 南房総市の岩井海岸を舞台に「第14回全日本ジュニアライフセービング競技会」が8月26日(土)から27日(日)に開催された。
 大会初日の早朝は強風が吹き荒れ、開催が危ぶまれましたが、開会式が始まる頃には風も落ち着き、予定されていた競技種目はすべて行うことができた。出場選手は、関東近郊を中心に静岡県や山形県からの参加者もおり、総勢149名の小学生が海や砂浜での熱い戦いを繰り広げた。
 大会期間中は、岩井民宿を中心に各チームが分宿し、延べ宿泊人数は約300人泊となった。
 地元勢では、団体戦で館山SLSCが第2位、個人戦ではビーチフラッグス小学3・4年生女子の部で館山SLSC所属の倉橋和奏さんが優勝するなど活躍した。
 なお、大会結果の詳細は添付資料のとおり。


 

 【投稿者 南房総市生涯学習課】
南房総スポーツニュース RSS  提供RSS一覧
関連記事
関連ニュースカテゴリ
前後の記事 > 一覧

グローバルメニュー

南房総の魅力