南房総 旅の玉手箱

第21回 亜細亜混乱


花天使のように明るい性格の安田さん

 車で外房128号線を鴨川から千倉、白浜へと向かうと、その間にある和田町は数分で通り過ぎてしまう。道沿いに、くじら専門店や花屋と並んで「エイジア・パニック」というエスニック・ファッション&小物の店がある。「ロックバンドのエイジアと、昔六本木で遊んでいた頃にかよったガスパニックという外人が集まるパブがあって、その両方からとって付けた名前です」と店主の安田よし子さんはいう。

 仙台の美術系の大学を出て東京へ。もともと洋服が好きで、ファッション関係のディスプレイや展示会の飾りつけなどを担当するデコレーターの仕事や、原宿・竹下通りのアンテナショップの販売員をやったり。当時竹下通りに10年いるとこわれる、といわれたバブリィ・エイジを経て、突然といっても39歳で、南総の花嫁になった。ご主人克己さんとは、ロック・ライブで席がご近所、意気投合したのが縁という。「房州の男は、あばらが一本たりない」という言葉があるそうだが、彼女にいわせると、日本人離れした優しさがあるのだそうだ。和田といえば、花とくじら。嫁ぎ先は花農家であった。「姑がいうには、子供をどうやって育てたか記憶にない」、というくらい忙しいのだ。でもよし子さんは、亜細亜直輸入の衣料小物店を出させてもらった。「2月、3月の花の季節、店は手伝うけど、ビニールハウスは手伝わないです。海辺の言葉は早口大声で、お互いに屋号で呼ぶし、最初は外国に来たみたいでした。一家で一人、女の人を出す念仏講が二月ふたつきに一回、でも私はバックレて、姑が出ています」。

 さかな好きの安田さんが、地元の人しかしらない居酒屋を教えてくれた。「今日は何あんの?」という感じで魚の小鉢が出てくる店だ。一つは、和田漁港・くじら解体場の先、地魚、くじらのうまいS。一つは40年、ママがやってるヤキトリ、さかなの店、白浜のスーパー「おどや」のトナリのH。
 安田さんは最近、お茶の水・湯島聖堂前に「エイジア・パニック」を出店した。和田の店は土日のみ。「夢は西洋人にタイなどのエスニック・ファッションを売ってみたい。出店はハワイかな?」。


花とくじらのまち・和田

くじら食品の専門店

直モノ、本モノ、宝モノ


< 前へ ▲一覧に戻る 次へ >
旅の玉手箱
皆さんのコメント
南房総知恵袋
南房総観光ニュース
南房総イベント情報