南房総 旅の玉手箱

第30回 きくちゆみさんの、地球を愛する生き方。

クリックで拡大
ハーモニクスライフセンター(自宅)にて

 環境ジャーナリストのきくちゆみさんが、鴨川市の嶺岡山地の古民家に暮らして10年を過ぎた。小生(上野)が見るかぎり、10年前、35歳の頃のきくちゆみさんと、スリムな体形も、ステキな笑顔も、ほとんど変わっていない。
「いいえ、変わりましたよ」(笑)ときくちゆみさん。
「体重は変わりませんが、最近上腕が細くなり、ウエストが7センチ、細くなったんです」。
何ぬ?!とその秘訣を訊くと、「なるべく火を加えない旬の野菜、くだものを食べることに尽きます」。非加熱食には食物酵素が生きている。大切なのは酵素栄養学。20代をピークに体内酵素は年とともに減少していくそうだ。くわしくは、今、話題の本「ローフード」(石塚とも著、グスコー出版)をご参照あれ。この本は、きくちさんが企画し、効果は自身が実証済みのようだ。

 20代のきくちゆみさんは、外資系の銀行・日本支店で株のディーラーとして働いていた。独身で年収1000万円。彼女は休みを取っては、海外旅行を楽しんだ。お気に入りは、中央アメリカのベリーズという小さな国。言葉通り手つかずの自然が残っている夢のような国。何回かベリーズを訪れたある時、森が無くなっていた。外国資本によるリゾート開発である。
 彼女はベリーズに自然保護区をつくる運動に加わる。森や海の事を調べてみると、世界の熱帯材の55%は、日本が輸入していて、当時、コンパネとして利用していた。
 ここは私のいるところではないな、と28歳で投資銀行を辞める。結婚相手はディーラー仲間のエリートだったが、お互いの方向性が違い離婚へ。
 35歳、森田玄さんと再婚する。森田さんは当時、自然破壊につながるゴルフ場開発計画を止める必殺仕事人として有名(?)だった。

「執筆、翻訳、講演、自給の畑作と忙しい毎日。南房総の森の中で、8才、7才の2人の子供たちも野生化し医者知らず。生きる不安から自由になった私たちですが、唯一の心配は、地球の明日あした。希望は南房総にエコビレッジを作ろうと移住してくる新しい若い人たち、特に鴨川は多いですね」。

きくちゆみ近著「地球を愛して生きる」(八月書館)

クリックで拡大
私と玄さんの関係です。
クリックで拡大
築200年の古民家に暮らす
クリックで拡大
仕事中の森田玄さん
クリックで拡大
きくちゆみ関連書籍・DVDは、
農人舎で販売中。


< 前へ ▲一覧に戻る 次へ >
旅の玉手箱
皆さんのコメント
南房総知恵袋
南房総観光ニュース
南房総イベント情報